ナルビク三番街@TALES Walker

テイルズウィーバーの日記や日々のできごと ~キヤノン製品不買運動実施中~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

骨髄ドナーになりましたよ その3

■ 最終同意

ドナーに選ばれた後、最終同意の面接があります

面接といっても、医者が、コーディネーター、家族の誰か1人、第三者と一緒に
骨髄移植とはどういう移植なのか
患者は骨髄移植に至るまでどのような治療をするのか
骨髄移植ドナーはどのような手術をするのか
といった話をします

治療に関しては、専門的過ぎてよく覚えていませんが
(ドナーの健康とは関係無いので医者もあまり詳しく話してなかったと思います)
骨髄移植ドナーになる危険性はとても詳しく教えてくれました

骨髄液は、骨盤の中の腸骨から採ります
骨に針をさすので、全身麻酔をして手術をします

全身麻酔をするので、麻酔で死ぬ可能性
腰に針を刺す時に力を込めるので、ヘルニアになる可能性
呼吸器で歯が欠ける可能性
その他色々、デメリットをとても詳しく言われました

実際、ドナー手術をして「何も無かった」人は9割以上です
(針を刺すので、痛みが残るというのは別にして)
後遺症が残ったり、亡くなったりした人は数人ほどしかいません
でも「確実に安全」というわけでもないです

というのも、最終同意書にサインをすると、特別な事情が無い限り
ドナーはドナーになる事を撤回できません
なぜなら、患者さんはドナーの最終同意を受けて、移植に向けての処置をするので
撤回されると命に関わるからです

ここからは後戻りできません
スポンサーサイト
  1. 2007/07/15(日) 03:08:42|
  2. 骨髄バンク
  3. | コメント:0
<<骨髄ドナーになりましたよ その2 | ホーム | 骨髄ドナーになりましたよ その4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。