ナルビク三番街@TALES Walker

テイルズウィーバーの日記や日々のできごと ~キヤノン製品不買運動実施中~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

骨髄ドナーになりましたよ その9

■ 感想

全体を通してみて、貴重な体験だったと思います
医者でもない自分が、誰か他の人の命を助ける手助けが出来たというのはなかなかない事ですし

腰の痛みも1週間ほどで気にならない程になりました

骨髄移植は、移植をしても助かる確率が40%ぐらいだそうです
それでも移植に頼らないといけない人が沢山居ます
非血縁で白血球の型が一致する確率は10万分の1と言われています

強制は出来ませんが、沢山の人が登録すればするほど
患者さんの未来を拓く可能性が増えてきます

下手な文章の体験記でしたけど
これでも少しは何かのきっかけになればと思っています
スポンサーサイト
  1. 2007/07/15(日) 02:20:18|
  2. 骨髄バンク
  3. | コメント:2
<<骨髄ドナーになりましたよ その8 | ホーム | 著作権>>

コメント

たいへん勉強になりました。

骨髄移植のドナーが、けっこうな負担を強いられるのは聞いていましたが、ここまでとは知りませんでした。

どこの誰を助けたかもわからない状態だし、助かったのかどうかさえ定かではないとしても、ハカナさんはいい事をしたんですね。
立派です。
  1. 2007/07/29(日) 02:45:01 |
  2. URL |
  3. ハク #-
  4. [ 編集 ]

負担といっても、腰に注射を刺されるぐらいです
切ったりするわけではないので、回復は早いです

患者さんの生死を伝えないのは、ドナーの精神的負担を減らすためじゃないかと
担当のコーディネータさんは言ってました(財団の公式コメントではありません)

でも、あれだよ
医者でもない自分が誰か一人の命を助けたんだよ
こんなに気持ち良いことは無いと思うけど
  1. 2007/07/31(火) 02:16:07 |
  2. URL |
  3. ハカナ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。