ナルビク三番街@TALES Walker

テイルズウィーバーの日記や日々のできごと ~キヤノン製品不買運動実施中~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

終戦の詔書

■ 雑談

終戦の詔書は、俗に言う玉音放送のことです
テレビの特集なんかでは「堪え難きを耐え、忍び難きを忍び」のところしか聞かない気がしますね
原文はカタカナ交じりで読みにくいので、ひらがなに置き換えています

-------

朕(ちん)深く世界の大勢と帝國の現状とに鑑(かんが)み
非常の措置を以(もっ)て時局を収拾せむと欲し
茲(ここ)に忠良(ちゅうりょう)なる爾(なんじ)臣民に告く
朕は帝國政府をして米英支蘇(べいえいしそ)四國に對(たい)し
其(そ)の共同宣言を受諾する旨通告せしめたり

抑々(そもそも)帝國臣民の康寧(こうねい)を圖(はか)り
萬邦共榮(ばんぽうきょうえい)の樂(たのしみ)を偕(とも)にするは
皇祖皇宗(こうそこうそう)の遣範(いはん)にして朕の拳々措かさる所
曩(さき)に米英二國に宣戦せる所以(ゆえん)も亦(また)
實(じつ)に帝國の自存(じぞん)と東亜の安定とを庶幾(しょき)するに出て
他國の主權(しゅけん)を排し領土を侵かす如きは固(もと)より 朕か志(こころざし)にあらす
然(しか)るに交戰巳(すで)に四歳を閲(けみ)し
朕か陸海将兵の勇戰 朕か百僚有司の勵精(れいせい) 朕か一億衆庶(しゅうしょ)の奉公
各々(おのおの)最善を盡(つく)せるに拘(かかわ)らす 戰局必すしも好轉(こうてん)せす 
世界の大勢亦(また)我に利あらす
加之(しかのみならず)敵は新(あらた)に残虐なる爆彈を使用して
頻(しきり)に無辜(むこ)を殺傷し惨害(ざんがい)の及ふ所眞(まこと)に測るへからさるに至る
而(しか)も尚(なお)交戰を繼續(けいぞく)せむか
終(つい)に我が民族の滅亡を招来(しょうらい)するのみならず
延(ひい)て人類の文明をも破却(はきゃく)すへし
斯の如くむは朕何を以てか億兆の赤子(せきし)を保(ほ)し
皇祖皇宗の神靈(しんれい)に謝せむや
是(こ)れ朕か帝國政府をして共同宣言に應(おう)せしむる至れる所以なり

朕は帝國と共に終始東亜の開放に協力せる諸盟邦(しょめいほう)に對(たい)し遺憾の意を表せさるを得す
帝國臣民にして戰陣(せんじん)に死し職域(しょくいき)に殉(じゅん)し
非命に斃(たお)れたる者及(および)其の遺族に想(おもい)を致せは五内(ごだい)為(ため)に裂く
且(かつ)戰傷を負い災禍(さいか)を蒙(こうむ)り家業を失ひたる者の厚生に至りては
朕の深く軫念(しんねん)する所なり
惟(おも)うに今後帝國の受くへき苦難は固(もと)より尋常にあらす
爾(なんじ)臣民の衷情(ちゅうじょう)も朕善く之(これ)を知る
然(しか)れとも朕は時運の趨(おもむ)く所 堪へ難きを堪へ忍ひ難きを忍ひ
以(もっ)て萬世(ばんせい)の為に大平を開かむと欲す

朕は茲(ここ)に國體(こくたい)を護持(ごじ)し
得て忠良なる爾(なんじ)臣民の赤誠(せきせい)に信倚(しんい)し常に爾(なんじ)臣民と共に在り
若(も)し夫(そ)れ情の激する所 濫(みだり)に事端を滋(しげ)くし
或(あるい)は同胞排儕(はいせい)互(たがい)に時局を亂(みだ)り
為に大道(だいどう)を誤り信義を世界に失うか如きは朕最も之(これ)を戒(いまし)む

宣(よろ)しく擧國(きょこく)一家子孫相傳(あいつた)へ
確(かた)く神州(しんしゅう)の不滅を信し
任重くして道遠きを念(おも)ひ總力(そうりょく)を将来の建設に傾け
道義(どうぎ)を篤(あつ)くし志操(しそう)を鞏(かた)くし
誓て國體(こくたい)の精華(せいか)を発揚し
世界の進運(しんうん)に後(おく)れさらむことを期すへし
爾(なんじ)臣民其(そ)れ克(よ)く朕か意を體(たい)せよ

----

現代語訳してみました
私(天皇陛下)は深く、世界の体勢と帝国(日本)とを照らし合わせた結果
非常の措置をもって、今の状況を収集しようと思い
忠実かつ善良なあなた方国民に伝える
私は、帝国政府(日本国政府)から、アメリカ、イギリス、中国、ソ連に対し
その共同宣言(ポツダム宣言)を受託するように(日本国政府に)通告した

そもそも、国民の平穏無事を図り
世界各国と繁栄の喜びを共にしていく事は
代々天皇の願いであり、私が常に大事にしてきた事である
前に、アメリカ、イギリスに宣戦した理由もまた
日本の自立と東アジアの安定を強く願う思いからであり
他国の主権を排除したり、領土を侵略したりする事は、もとより私の望むことではない
ところが、戦争が始まって4年が経ち
(私の)陸海将校の勇敢な戦い、多くの官僚(公務員?)の努力、一億国民の奉公(無償の奉仕)
それぞれが最善を尽くしたのにもかかわらず、戦局は好転する事無く
世界の情勢もまた我が国(日本)に不利な状況である
それどころか、敵は新たに残虐な爆弾(原子爆弾)を使用して
しきりに罪のない人を殺傷し、ひどい被害がどこまで及ぶのか全く予測できないまでに至った
しかもなお、このまま戦争を続ければ
最終的には我が民族の滅亡を招くばかりでなく
ひいては人類の文明も破滅させるだろう
そのような事になったら、私はどのようにして愛すべき国民を守り
代々天皇の御霊に謝罪すればよいのだろうか
これが、私が帝国政府に対し、共同宣言に応じるように通告した理由である


私は、帝国(日本)と共に終始東アジアの開放に協力してくれた同盟諸国に対し、遺憾の意を表せざるを得ない
国民に対しても前線で戦死した者、職場で殉職した者
天命を全うせずに亡くなった者、そしてその遺族のことを想うと、全身が引き裂かれる思いである
また、戦争で傷を負い、戦災を被り、家業を失った人達の生活については
私が深く心を痛めるところである
思うに、今後帝国(日本)が受ける苦難は、言うまでも無く並大抵の事ではないだろう
あなた方国民の嘘偽りのない心も、私は良く知っている
しかしながら私は、時の流れに逆らわず、堪え難いことに耐え、忍び難いことを忍んで
未来永劫、平和な世界を開こうと思う

私はここに、国家の体制を守り
忠実かつ善良なあなた方国民の嘘や偽りのない心に頼り、常にあなた方国民と共に過ごすことができる
もしも激しい感情のまま、むやみに事件を起こしたり
あるいは、国民同士陥れあい、互いに世の中の情勢を乱したり
そのために正しい道を誤り、世界の国々から信義を失う事は、私が最も警戒する事である
ぜひとも、国を挙げて一家子孫までこの思いを伝え
誇れる自国の不滅を固く信じ
責任は重くそして、復興の道は遠いと覚悟し、総力を将来の建設に傾け
人の行うべき正しい道に心を込め、その心を強く持ち
誓って国家の体制の真髄を奮い立たせ
世界の進歩に遅れを取らない様に決意して欲しい
あなた方国民よ、どうぞ私の言うことを良く理解してこれからを行動しなさい

----

この詔書の文章自体は、陛下がお作りになられたものではないでしょう
しかし、この詔書に陛下のお気持ちが少しでもあるならば
「お国の為に」亡くなった人達も報われるのではないでしょうか

平和のために尽力されたであろう陛下をもってしても
大日本帝国は戦争の道を進んでしまいました
それは世界情勢の思惑か、日本という国の未熟さか、今であれば回避できるかもしれません

この詔書を読んで、改めて戦争を二度と起こさないようにと思いました
スポンサーサイト
  1. 2007/08/16(木) 15:22:19|
  2. 日々のできごと
  3. | コメント:4
<<藤川選手 | ホーム | 参拝>>

コメント

すごいっすね。ハカナsて頭いいんですか?
  1. 2007/08/17(金) 18:13:28 |
  2. URL |
  3. 麗春 #-
  4. [ 編集 ]

ここ最近の記事には考えさせられることが多いですね。

戦争に端を発する国交問題にしろ、年金等の国内不祥事にしろ、早く解決して欲しいと願ってやみません。
  1. 2007/08/17(金) 20:27:45 |
  2. URL |
  3. いすぴん #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!
  1. 2007/08/18(土) 18:30:06 |
  2. URL |
  3. NONE #Ulx4BLuA
  4. [ 編集 ]

仕事の愚痴的なものは書かないようにしているとこういった感じになってしまいますね
思考に一定方向のバイアスが掛かってますね
  1. 2007/08/19(日) 00:14:56 |
  2. URL |
  3. ハカナ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。