ナルビク三番街@TALES Walker

テイルズウィーバーの日記や日々のできごと ~キヤノン製品不買運動実施中~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寝屋川

■ 雑談

寝屋川市のコンビニで店員が殺されました
捕まった少年は「捕まりたくないから刺した」と言ってますが
何と身勝手な理由で人を殺すのでしょうか。信じられません

もし、万引きをした時点で捕まっていたら、罪状は「窃盗」です
10年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金です

店員を脅迫したりして万引きした場合、罪状は「強盗」です
5年以上の有期懲役です

万引きした後、店員を殴り怪我をさせた場合、罪状は「強盗致傷」です
無期または6年以上の懲役です

今回は悲しい事に店員さんは亡くなってしまいました
この場合の罪状は「強盗致死(強盗殺人)」です
死刑または無期懲役です

捕まった少年は未成年だから甘く見ているかもしれませんが
確実に地裁に逆送されるでしょう
そうなれば最低でも無期懲役は免れないでしょうね

でもこういった殺人事件が起こると、
亡くなられた被害者の写真や名前しか出てこないが
なぜ、加害者の名前は出ないのか?少年だからか?
人の命なんて何とも思っていない奴らなんかは、社会的制裁を加えれば良いのに
更正なんかするか
スポンサーサイト
  1. 2007/10/11(木) 01:22:28|
  2. 日々のできごと
  3. | コメント:20
<<カプチーノ | ホーム | 相乗効果でよくなろう>>

コメント

罪なき店員(さらに、正義感が強いと思われる)を*していて、
確実な証拠があるのであれば、
「目には目を」にならって、
「命には命を」で死刑でもいいと思います。
せっかく日本に死刑があり、法務大臣もいるのですから、
使えるときに使わないと。

日本語下手ですみません
  1. 2007/10/11(木) 22:54:59 |
  2. URL |
  3. 山狐-虎ナヤ #aWNWFVMk
  4. [ 編集 ]

ハカナさんの意見に賛成
殺人という行動がどれほど重いものか、、、
もっと厳しくしないと減らないんじゃないかな・・・
  1. 2007/10/14(日) 01:17:40 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

だけど日本は裁判官が死刑宣告を嫌う
だから死刑は本当にひどい時でないと行われない
裁判官からすれば自分の言葉が相手の人生の終わりを告げる
精神的にもかなりきついわけですよね
たしかに相手は人を殺したりして
死刑になるだけの行為をしている
だが死ねというのは誰?
薬を入れるのは誰?
首に縄をかけてやるのは誰?
スイッチを押すのは誰?
安易に厳しくっていうのは
ごく一部の負担を担う部分の人に対して
ひどすぎるのではと思う私
  1. 2007/10/15(月) 17:11:19 |
  2. URL |
  3. #l.tVTWoE
  4. [ 編集 ]

万引きの場合、警察沙汰になったら刑罰より社会的制裁ていうか世間体悪くなる方が痛いから、そっちで焦るんだろうね
しかしやっぱり普段から刃物持ってる連中ってホントに何も考えてないんだなぁ

>>#l.tVTWoE
そういう仕事に就かない自由もあります
  1. 2007/10/15(月) 21:31:41 |
  2. URL |
  3. NG #-
  4. [ 編集 ]

>だが死ねというのは誰?
薬を入れるのは誰?
首に縄をかけてやるのは誰?
スイッチを押すのは誰?
安易に厳しくっていうのは
ごく一部の負担を担う部分の人に対して
ひどすぎるのではと思う私


法務大臣が「死刑自動化」を口にした
のも仕方がないと思う。
  1. 2007/10/15(月) 22:27:09 |
  2. URL |
  3. 山狐 #aWNWFVMk
  4. [ 編集 ]

http://kituneteki.blog118.fc2.com/
狐のブログです。↑ 暇つぶしにもならないかも知れませんが、
よろしくお願いします
  1. 2007/10/15(月) 22:56:16 |
  2. URL |
  3. 山狐 #aWNWFVMk
  4. [ 編集 ]

裁判官や弁護士などの職業に就く以上
死刑宣告そして執行を行う覚悟が在っての事だと思います
職業選択の自由があるわけですし

江戸時代にあった、仇討免状が市民の手から司法に渡った以上
仇討という側面もあると思います

もし、身内が殺され、犯人が死刑囚になったのなら
死刑執行のボタンを押しに行きますよ
仇ですから
  1. 2007/10/16(火) 01:35:31 |
  2. URL |
  3. ハカナ #-
  4. [ 編集 ]

世間の目は怖いものです
殺人者というレッテルは本人だけにとどまりません
メディアが名前を出すことによって誰が苦しむのか
加害者側の家族にも影響を及ぼすことにもなります
親はもちろん、兄弟、従兄弟そのほか親族は名前が出て無くても相当苦しい思いをすることになります
今年公開された「手紙」も同じような苦しみを描いています
暇なときにでも見られてはいかがでしょうか?

更正は基本的に本人がするしないではなく社会がしなければならないと思います
犯罪を犯した人でもなんでも排除するような社会は秩序的にも危険です
完全に真っ白な状態で社会に戻れることはないのですから

少年法が何故あるのか
本当にその後更正できずに再犯をしているのか
そのときに感じた感情で決めてしまっては方向性がなくなりますよ
  1. 2007/10/17(水) 13:25:50 |
  2. URL |
  3. あらる #FeTMCWZc
  4. [ 編集 ]

加害者の未来も大切かもしれませんし
加害者の家族親族が迷惑を被るかもしれません

では、殺された被害者の未来はどこにあるのでしょうか?
残された遺族の気持ちはどこにあるのでしょうか
加害者の事よりも、優先されるべきは被害者であるべきだと思います
加害者の苦しみなんて知ったこっちゃ無い

少年法で守られるのは
万引きなど、子供がした事だから仕方がないと思える範囲内であり
短絡的な殺人や強姦などは、少年法があるといっても厳罰に処されるべきです

子供が殺人の犯人だったら、三日後に被害者が蘇るのなら話は別ですが
被害者にしてみれば、大人でも子供でも関係無いので
  1. 2007/10/18(木) 00:20:58 |
  2. URL |
  3. ハカナ #-
  4. [ 編集 ]

そりゃぁ死ねばいいと思いますけどね。
わたしに言わせれば前の飲酒運転はもちろんタバコのポイ捨てとかだって
いっそ死刑でいいとと思わないでもないけれど。
どういう事情があるのかないのか分かりませんが、少し過激すぎやしませんか?

更生はしないんでしょうか?
未来の可能性はないんでしょうか?
ないならそれでいいですけれど、もし万が一でもあるならば、それこそ「命の重み」はどうなるのでしょう?
そういうつもりで書いたのではないのでしょうけれど、「更生なんかするか」という一言で
「人の命」という言葉がやけに空虚なものに感じられました。

また、「社会的制裁」といえば聴こえはいいですが、要するに国家・国民全体による殺人や監禁です。
もちろんそれが悪いと言いたいわけでは全くありません。
少年犯罪といえば親や社会環境が大きく影響することでしょう。
社会が生み出した歪みを社会全体で抹消する、マッチポンプだと揶揄されても仕方のない事象だと思います。
無論、その歪みの火の粉が被害者に集中する必然性は無いだろうし、
出来る出来ないにかかわらず自制しなくてはいけないことなので、間違いなく責任はあります。
わたしが言いたいのは、こういった問題はもう少し重いものなのではないか、ということです。

さて被害者の気持ちです。
考えるまでもなく、殺したい、殺してほしい、死んでほしい、死刑にしてほしい、と思っていることでしょう。
それでも月並みのことをいえば、殺したって死んだ人は戻ってこない、というのは真理です。
稀にそういった理由から、加害者には更生してほしい、という気丈に振舞う被害者遺族もいらっしゃいますよね。
もちろん腹の中では死んでほしいと思っているのでしょうし、そうするしか仕方ない、という想いなのかもしれません。
それでも被害者の方ですらそう言うことができるのに、少なくとも被害者でもないわたしには「更生なんかするか」とか
「加害者の気持ちなんて知ったこっちゃない」とはいえません。
ハカナさんが被害者の関係者なのかは分かりませんが、肯定にしろ否定にしろ、
これだけ一方的な立場にたった意見であれば、反論せざるを得ないと感じてしまいます。



【付け加え】
「そういう仕事に就かない自由がある」との意見が出てました。
しかしこれは逆にいえば、我々にだってそういう仕事に就く自由だってある、若しくはあった筈です。
そこまで言うならなぜならなかったの?となりませんか?
そういった責任を持って、そういった職業に就き、その責任のもとで判決を下すわけでしょう。
それこそ安易なことはできない筈です。
もちろん、外の人に文句を言う権利がないなどと言いたいわけではなく、死刑にする覚悟はあっても当然だが、
「そういう職業に就いたのだから死刑にすることに躊躇するな」とは違うと言いたい。

以前、裁判員制度の世論調査で国民のほとんどが「(裁判員を)したくない」と答えていたニュースを見た。
その理由は「責任がもてない」や「自信がない」といったようなことだったと記憶している。
普段のニュースでのインタビューでは裁判官に「もっと厳重に」といった意見が多いにもかかわらず、やけに消極的ではないか。
自分には無関係だとして、いつもいい加減な意見を述べているとしか思えない結果だ。
無責任過ぎやしないか。
裁判員制度は始まるのに、未だに「その人はその人、私は私」みたいな他人事な意見に憤りを感じざるを得ない。

ところで
>もし、身内が殺され、犯人が死刑囚になったのなら
>死刑執行のボタンを押しに行きますよ
>仇ですから
はどう考えてもマズいことは分かりますよね?
何の為の法律でしょう。
覚悟って意味かもしれませんが、別に死刑執行者は仇では無いし、無関係でしょうに。
  1. 2007/10/22(月) 00:34:13 |
  2. URL |
  3. ふ~り #LEcTUamQ
  4. [ 編集 ]

そんなに加害者の肩を持たなくても良いんじゃないんですか?

殺人を犯した人全員死刑にすれば良いと言っている訳じゃありません
やむにやまれぬ事情がある人もいるでしょう
例えば、恐喝を受けていたとか、虐待されていたとか
他にも色々あるかもしれませんが、今回の話とは別です

今回書いたのは、寝屋川での事件ですが
店員を殺した少年は「捕まりたくなかったから」殺したわけです
道端の石を蹴るみたいに殺したんですよ
同情する余地もないです
更正という言葉を使うのは、犯人が未成年だからでしょうか?
成人なら考え方が変わったのでしょうか?
更正させるのも良いですが、店員さんの未来が、本当にどうでもいい理由で奪われたのも事実です
それでも、加害者の側に立つのならいいですけどね
  1. 2007/10/22(月) 02:56:48 |
  2. URL |
  3. ハカナ #-
  4. [ 編集 ]

無論肩なんて持ってませんよ。
わたしに言わせればそれこそ犯罪は全て死刑でいいと思うわけだしね。
肩を持つ必要なんてないんです。

上に指摘したもので主に何を問題視しているかといえば、
①「人の命の重さ」を盾にした感情論であること
②「更生するわけない」と発言したこと
です。

まがいなりにもブログとして公開しているのですから、書いた事には責任がある筈です。
(少なくともあって欲しいですね)

「更正させるのも良いですが」という発言は「更正なんかするか」という発言を撤回するととっていいんでしょうか?
わたしに言わせれば勝手な決め付けでむしろ「人の命」を軽んじたとしか思えません。

>殺人を犯した人全員死刑にすれば良いと言っている訳じゃありません
>やむにやまれぬ事情がある人もいるでしょう
>例えば、恐喝を受けていたとか、虐待されていたとか
>他にも色々あるかもしれませんが、今回の話とは別です

そんなことはわたしは題材としていません。
そういったものでなくとも、それを生み出したのは社会であることに相違はありません。

>店員を殺した少年は「捕まりたくなかったから」殺したわけです
>道端の石を蹴るみたいに殺したんですよ
>同情する余地もないです

そういう勝手な決め付けもどうかと思いますが。
まぁそれでも別に同情しないというなら止めません。
同情するしないを問題視しているわけではありませんから。

>更正という言葉を使うのは、犯人が未成年だからでしょうか?

無論違います。
成人だって服役して出所して更生することだって考えられます。
「更生」という言葉は成人でも使われます。
それでも年齢が低い方が更生させやすいというのはある意味当然では。

>更正させるのも良いですが、店員さんの未来が、本当にどうでもいい理由で奪われたのも事実です

だから何なのでしょう?
事実なのは誰も否定していません。
わたしのコメントをちゃんと読んでの発言なんでしょうか?
事実で言えば、「犯人殺しても死んだ人は帰ってこない」のも事実ですよ?


その他いくつもわたしの疑問を無視していらっしゃる。

更生はしないんでしょうか?
未来の可能性はないんでしょうか?
ないならそれでいいですけれど、もし万が一でもあるならば、それこそ「命の重み」はどうなるのでしょう?
しかしこれは逆にいえば、我々にだってそういう仕事に就く自由だってある、若しくはあった筈です。
そこまで言うならなぜならなかったの?となりませんか?

などです。

そして
>死刑執行のボタンを押しに行きますよ
>仇ですから
の意図はなんだったのでしょうか?

本当に読んだ後のコメントとは思えません。


【追記】
誤解されては困りますが感情論が悪いと言ってるわけじゃないですよ。
完全な感情論なのに、「人の命を」といった正当性を盾にとり、それ故に矛盾を発生させていることを問題視しています。
  1. 2007/10/22(月) 22:49:53 |
  2. URL |
  3. ふ~り #LEcTUamQ
  4. [ 編集 ]

更正するかどうかなんて本人次第じゃないですか?知りません
人殺しの未来なんてどうなろうと関係ありません

命の重さと言い出したのはふ~りさんなんで、①に持ってこられても困るんですが
命の重さが同等なら、店員さんが失ったものを犯人が失えばいいと思うよ

ふ~りさんのコメントからは、死んだ人間はどうでもいいけど、生きてる人間の命は大切という考えが伝わってきます
>犯人殺しても死んだ人は帰ってこない
というのにも出てますね

これで質問1と2は答えたかな?
後は極論過ぎて答えに困る
>我々にだってそういう仕事に就く自由だってある、若しくはあった筈です。
>そこまで言うならなぜならなかったの?
現実を見れば分かるじゃない
理想や思いだけで職に就けるわけじゃない。無茶を言い過ぎ

>死刑執行のボタンを押しに行きますよ
>仇ですから
ここは前のコメント「ごく一部の負担を担う部分の人に対してひどすぎるのでは」
に対してのコメントなのでここだけ抜き出されても困る
>もし、身内が殺され、犯人が死刑囚になったのなら
>(ごく一部の人に負担を負わせているのなら)死刑執行のボタンを押しに行きますよ
>(自分の)仇ですから
ということです
  1. 2007/10/23(火) 01:41:19 |
  2. URL |
  3. ハカナ #-
  4. [ 編集 ]

犯人がしたことと同じことを求めてはわれわれも犯人と変わりませんよ

同じものを失えばいいとは人の命を人の命をもって返すことですか?
これは本当に正義と言えますか?
以下の一つ目の段落は同じものを失えばいいという意味を前提に話します

>ふ~りさんのコメントからは、死んだ人間はどうでもいいけど、生きてる人間の命は大切という考えが伝わってきます
>>犯人殺しても死んだ人は帰ってこない
>というのにも出てますね
ふ~りさんは犯人を殺したところで何も残らないことを言っているのだと思います
犯人殺してそこでおしまいなんてそれこそ被害者はこれからどうすればいいのかわからなくなるんじゃないでしょうか?
身内が死んだ、犯人も死んだ
結局何が残りますか?
行き場の無い言い知れぬ憤りの感情はそれで消えるんですか?
殺しても殺さなくても納得しないのなら犯人には生きて償ったほうがよいのではと考えます
先にも言いましたが感情は大切ですがその場の感情で物事を決めては秩序が乱れますよ

>人殺しの未来なんてどうなろうと関係ありません
当事者ではない人は関係ないように思えるでしょう
でも同じ社会に生きている以上関係はありますよ
いざ殺人を犯した人と対面したときにハカナさんはどうしますか?
あなたの隣に座ってるかもしれませんよ?

加害者を許せとは言っていません
むしろ生きて償うほうが辛いんです
就職や地元での生活が厳しくなるなかで生きるのもある意味罰ではないでしょうか?

今回の事件は少年でしたが成人だろうと少年だろうと絶対悪でないかぎりそういう意味での重みに気づくことができます
少年である以上社会に出るまでそれに気づくのは遅くなるとは思いますが
殺された人の重みを残すためにも気づかせるべきではないでしょうか?

捕捉
>捕まりたくないから殺す
犯人の心理状況を考えてください
追いかけられて追い詰められたら
窮鼠猫を噛む
何をしでかすかわかりません
これは人間心理です
仕方ないわけはないですが第三者から観るには考慮事項ではと考えます

私のコメントも別に加害者の肩を持ってるわけではありません
被害者と加害者のバランスを保つべきなのではと思っています

それが裁判という判決を出す場所だと思います
  1. 2007/10/23(火) 15:18:51 |
  2. URL |
  3. あらる #FeTMCWZc
  4. [ 編集 ]

>更正するかどうかなんて本人次第じゃないですか?知りません

知らないクセに「更正なんかするか」なんてテキトーな発言をしないで頂きたい。
そしてわたしは「撤回するか」と聞いたのですから、撤回してから「更正するかは分からない、本人次第」と応えるのが道理では?

>命の重さと言い出したのはふ~りさんなんで、①に持ってこられても困るんですが

重さ、とは発言していませんが、「人の命なんて何とも思っていない奴らなんかは」と発言してますね。
それは人の命の大切さを示しているわけではなかったのですかね?

どちらにしろわたしには、
「更正なんかするか」などと発言する人は「人の命なんてなんとも思ってない奴ら」となんら大差ないと思いますが?

>ふ~りさんのコメントからは、死んだ人間はどうでもいいけど、生きてる人間の命は大切という考えが伝わってきます

まぁそんなことは言ってないでしょうね。
生きている、かつ更正の見込みがある命なら大切でしょう。
たとえ殺してしまった人の命の重さより軽いとしてもね。
ハカナさんはそれすら否定する。

他、このことに関してはあらるさんが適切に代弁してくれていますね。

>現実を見れば分かるじゃない
>理想や思いだけで職に就けるわけじゃない。無茶を言い過ぎ

同様に言わせて頂きます。
「裁判官や弁護士などの職業に就く以上
死刑宣告そして執行を行う覚悟が在っての事だと思います
職業選択の自由があるわけですし」
というのは無茶を言い過ぎです。
裁判官や弁護士だって人間なんです。
人を死刑にするのに躊躇がないとお思いか?
普通はどんな場合でも人を殺すという事実には躊躇する筈です
ハカナさんはどうかは知りませんが。

>ここは前のコメント「ごく一部の負担を担う部分の人に対してひどすぎるのでは」
>に対してのコメントなので・・・
>(ごく一部の人に負担を負わせているのなら)死刑執行のボタンを押しに行きますよ

それは当事のことだけなんですかね?
仇で押しにいくなら本当に「何の為の法律でしょう」ね?
  1. 2007/10/23(火) 17:25:15 |
  2. URL |
  3. ふ~り #LEcTUamQ
  4. [ 編集 ]

長すぎてワラタ

更正の見込みや社会復帰が可能かを判断するのは裁判長であって被告ではない
そして見込めないなら死刑に処すべきというのが日本の法律


死刑執行だろうが屠殺だろうがコンビニのレジだろうが、仕事ならやれ、出来ないなら辞めろ
感情論を振りかざしてるのは一部の死刑廃止論者も同じだ

企業や個人間でなく国の、国民全員で決めた約束事を個人の感情で裏切る公務員の責任は極めて重い
国家公務員という自分に与えられた役職を思い出すべき


社会保険庁といい国家公務員の責任をもうちょっと重くすれば世の中うまく回りそうだなぁ
まぁ、もう少しすれば陪審員制度が始まるから、今より多少は民意が反映された判決が行われる様になると思いますよ
  1. 2007/10/23(火) 20:03:41 |
  2. URL |
  3. NG #-
  4. [ 編集 ]

長すぎなのは誰もが認めることだが全く読んでない、若しくは理解してないのもどうかと。

仕事ならやっているでしょ。
それでも死刑にするのに慎重になり躊躇するのはむしろ当然のこと。
どうしてもやれと言うならあなたがやりなさい、その自由もあるから、というのがこの国の法律では。

あと誰も死刑廃止論なんて論じてない件について。

ついで、話はかなり関係無い気もするが、国家公務員の責任をもうちょっと重くすれば…というのは具体的にどういうことなんだろうね。
罰を重くするという意味だろうかね。

↓感情論だけならいいんだけどね、「命」を盾にしてるから性質が悪い。
  1. 2007/10/23(火) 20:31:47 |
  2. URL |
  3. ふ~り #LEcTUamQ
  4. [ 編集 ]

先生、長すぎるて見る気がしません!
  1. 2007/10/23(火) 20:37:05 |
  2. URL |
  3. これはひどい #-
  4. [ 編集 ]

先生!頑張って読みました!
そして思った事。


個人の感情論にマジレスしてどうすんの?
  1. 2007/10/23(火) 20:47:38 |
  2. URL |
  3. これはひどい #-
  4. [ 編集 ]

ごめんね、マジレスしてごめんね
  1. 2007/10/23(火) 21:24:44 |
  2. URL |
  3. NG #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。